“フレームのアレンジデザインのこと”


またまたブログからすっかりご無沙汰しておりました。
インスタグラムの方で、タイムリーにいろいろお知らせしておりますので
よければそちらもご覧くださいませ。
プライベートな写真も混ざっておりますが、、

さて、
今日は作品のことで少し綴ります。

c0228742_2019349.jpg

近いうちに、ネットショップに新作を追加する予定でして
こちらのフレームアレンジたちも販売いたします。

BOXをセットにして、プレゼントによくご利用いただいております。
写真のように飾って頂けますし、背面に△カンがついているので
壁に手軽に取り付けることも出来ます。

もちろんひとつずつお買い求め頂けるのですが
こうして並べてみても素敵。
フレームは、ホワイトとグレーとダークブラウン3色展開となっております。

アジサイをベースに数種類の葉っぱや木の実などを合わせて
色合いは自然な雰囲気に、
でもほどよい華やかさを感じるのはやっぱりバラが入ってるからでしょうか、、

c0228742_20195421.jpg

いつもはフレームにいっぱいいっぱいお花を詰めこんでいましたが、
中の台紙?ペーパーのデザインが可愛かったので少し見せるデザインに仕上げました。

繊細なタッチで描かれた鳥がチラッと見えます。
ほとんど隠れていますが、他には記号やパリの住所らしきもの、何やら文章がフランス語で書いてあります。

今まではフランス語を見るとただただオシャレ!と思っていただけだったけど
フランス語を勉強するようになって読んでみたくなりました、笑。
ただ、私の今のレベルでは文法も全然だめ、単語すらまだまだなので
フランス語教室の先生に読んでもらったのです。

そしたら何と!
レジスター?のような機械を作ってる会社の住所と、その機械についての取説や製造番号が記載されているらしいのです。
鳥は会社のロゴ?とか何とか、、笑!
何かから引用しているのでしょうか、謎です。

先生ともよく話すのですが、
意味を知るとなぜそこにその言葉を?と聞きたくなるような、変な使い方をされていることが多いもんですよね。
海外へ行くと、日本語がおもしろい表現で使われているTシャツを着てる外国人とか見かけたり、お店の看板とか見ててもおもしろい。
センスの良さを感じるポイントは人それぞれだから批判する気持ちはないのだけど。

けど、、、

自分、もっとセンス磨こ!と思った次第であります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インスタグラムはこちらから。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 花・園芸ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ



[PR]
by tanesgarden | 2016-03-15 21:04 | アレンジやリース紹介