“センス入門”

c0228742_11171502.jpg

松浦弥太郎さんの「センス入門」という一冊に心惹かれ、一気に読みました。

ふだんからセンスの良い人になりたいなーとか
雰囲気のある人にあこがれたり、だとか
どうしたら自分もそんな風になれるのかなーとかよく考えているのですが、
自分の日常の過ごし方とか、ささいなことに目を向けて
ちょっと足りてなかったかも、と気づいたところを意識してみるだけで変わってくるということを教わりました。

そんな指針のようなヒントがたくさん詰まっていて
良い本に出会えたことに嬉しくなりましたよ。

松浦弥太郎さんの著書を手にとったのは初めてだったのですが、
以前からとても興味深く素敵な方だなーと思っていて、
ウェブサイトやインタビューなどの関連記事を読んだりはしていたので、
あらためてやっぱりこの方の言葉って好きだなーと感じました。

好きなことを仕事にしてきた自分のことを言うと、
花屋さんに勤めていた頃は、目の前にある仕事に追われながらそれをこなしていく忙しい毎日。
技術も求められるから、実力向上に重きをおきながら会社の戦力になれるようにと、過ごしていました。
だからか、日々自分がしなければならないことが分かりやすく存在してて、
生き方にあまり疑問をもつこともなかった。

でもフリーランスになってからは、全部自分次第だし自由だし
考えて行動する必要性が出てきて、
花仕事をする上で、技術やセンスを磨くことはもちろんだけど、
フリーランスになってまで私がこの仕事をする意味は何なんだろう?とか
好きだからしてるんだけど、このままでいいんだろうか?とか自問自答することが多くなってました。

つくづく面倒くさい性格だなーと思うんですが、
疑問に思ったことは自分なりにでも答えが出ないとずっともやもやしたまま解決しなくって。

「暮らし」「仕事」「デザイン」
そんな3つが自分の中で軸になっているのですが
松浦弥太郎さんのような、そこに全力で頑張っている人たちやオタクの人たちの言葉をいただくと
とても気分が軽くなるので解決のヒントにさせてもらっています。

「暮らし」に興味をもつようになったのは、お花の「仕事」をしてきた影響が少なからずあって
そこには「デザイン」することが必然で。
全部つながってますねー、うんうん。

もっともっと洗練された過ごし方をしていけたら、
仕事にも良い影響が出てくるんじゃないかなと今は思います。

やりたいなと思っていることはたくさんあって
時間はかかるけど、ひとつひとつ丁寧に。

とりあえず、まずはもう少し心を整えるために
アトリエを整えてみたいと思います。





ランキングに参加つしています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tanesgarden | 2017-03-09 12:18 |