“或る森の食卓 part.1”

5月の楽しみにしていたこと、ふたつめ。

以前、友人たちと集まって『或る森の住人の結婚式』をテーマに作品撮りを行いました。
その時の創作内容はこちらに紹介しています。

そこから派生したもので、今回はさらに仲間が増え、また新たに創作活動を行いました。

さまざまなモノを生み出す創り手たちが集まってひとつの食卓を囲んだら
一体どんなことが起きるだろう。
そんな実験的な愉しみも持ち合わせていました。

それは実際にあるもの起きていることだけど、どこか幻想的でロマンチックな世界。

表現力に乏しい私ですが、
少し言葉を添えながら私視点でご紹介したいと思います。



テーマ 『或る森の食卓』



c0228742_00352457.jpg

c0228742_23145862.jpg


植物を愛する私たちは旅をしていた。

この先には一体何があるのだろう?

空の色を映した湖
きらきら輝く太陽
揺蕩う木漏れ日

わくわくしながらヒカリの先を追いかけた。


c0228742_23414715.jpg


c0228742_23414799.jpg


c0228742_23145776.jpg


そうして、私たちはこの先にある森へと辿り着いた。


c0228742_00352472.jpg

大好きな花々を両手いっぱいに抱えてこの先の丘へと向かった、、、

私たちが見つけた或る森はほとんどの人が知らないであろう
原生林に囲まれた美しい世界だった。

その森の住人は
私たちを森の食事会へと招いた。
そしてどうやら他にも同じ匂いのする人たちが招かれているらしい。

丘には、ひとつの食卓が用意されていた。

自然に溶け込むその食卓は存在自体が美しかった。
ただ、まだ何か途中のようで、私たちにもできることがあるようにも感じた。

そう、それは両手いっぱいに抱えていた花々で
その食卓を彩ることだった、、、


つづく


ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by tanesgarden | 2017-06-10 00:21 | 創作